養生の設置

養生の設置は外壁塗装工事とって必要不可欠な作業です。「塗らない箇所・塗料が飛散してはいけない箇所」に設置します。

窓や玄関ドア、飾り物等、1つづつ丁寧に養生を設置して参ります。

窓・換気口・非常口・等、開閉可能な養生工法もございますので事前にお申し付けください。

塗装しない部分に塗料が潜ってこない様、まず、マスキングテープで「捨て貼り」をします。その際には、マスキングテープをよく押さえ付けます。「捨て貼り」は、施工部位(木材・金属・モルタル・サイディングボード等)に合わせた各種マスキングテープの選定が重要です。
きっちりした塗り分け(きれいなラインを出す)部分を作る為に肝要な工程です。 こんな細かな部分の養生作業にも、こだわりがあります。

 

マスキングテープによる捨て貼りの後に、通常マスカー(ビニールとガムテープが一体化したもの)やビニールシートを使用してビニル養生を行います。マスカーを貼る際には、マスキングテープの内側2~3ミリ程度の位置に貼り付けます。(塗装する際に、塗料がガムテープから浸透し潜ってこない様、予防する為です。)

塗装工事における養生作業の目的は、塗料の飛散防止・周辺環境の保護ですから、なるべく広範囲に養生を行う必要があります。
また、必要に応じて、近隣の植栽・土間・自動車・荷物にも養生を行います。養生の後には、養生材の片付け・再度、塗装部分の清掃を行います。きっちりとした丁寧な養生作業が塗装工事の仕上がり具合に大きく影響します。


◆工法

※マーカー・マスキングテープ・他養生シート