埼玉の外壁塗装5つのPoint

埼玉の外壁塗装で失敗しないためのチェックポイント!

住宅は規模が大きいため、何か問題が生じた際に外壁塗装などを行う場合は、まとまった費用が必要となります。大切な家を守るためにも、そして資金を有効活用するためにも、外壁塗装で失敗することは避けたいところです。

埼玉の外壁塗装を請負うマックラップが外壁塗装で失敗しないために、おさえておきたいポイントをご紹介します。

外壁塗装業者選びの5つのポイント


Point.1

▶保証内容を確認しよう!

保証制度があることだけを売りにしている業者もいるようですが、肝心なのは保証内容です。条件がしっかりしており、さらに書面で提示したうえで説明してくれる業者を選びましょう。保証が受けられる条件や、上限金額も確認しておくことが大切です。保証やアフターサービス自体がない業者もありますが、そういった業者は手抜き工事を行う可能性もあるので、契約前に確認を怠らないようにしましょう。


Point.2

▶中間マージにご用心!

ハウスメーカーやリフォーム会社では、外壁塗装を外注の業者に出すケースが非常に多く、その場合多くの中間マージンが発生します。中間マージンによって塗装費用が上がるので、塗装専門業者に依頼した場合の方が金額を抑えられるケースが多いといえます。マックラップとハウスメーカーやリフォーム会社の見積もりを比較して、「同じ塗料を使っているのに、見積もり金額がこんなに違う!」と驚かれるケースも少なくありません。中間マージンをカットし、少しでも費用を安くしたいとお考えの場合は塗装専門の業者がおすすめしたいです。


Point.3

▶激安業者に要注意!

外壁塗装には少なくない金額がかかるので、「少しでも安く」と思われて当然です。しかし、その心理につけ込んで質の悪い塗料や手抜き工事、人件費の安い経験の浅い職人で原価を抑え、価格を安く見せかけている業者もいるので注意が必要です。見積書は合計金額だけでなく、明細をチェックして塗料の種類やどこまでの作業が含まれているかなどを比較しましょう。手抜き工事が行われたり、質の悪い塗料が使われたりした場合だと、すぐにまた塗装が傷む可能性が高く、再塗装が必要になるケースも珍しくありません。長期的に見た際にコスト負担がかえって増えてしまうかもしれないので気をつけましょう。適正価格を提示している業者は大幅な値引きはできないので、極端な値引きを行っている業者には要注意です。


Point.4

▶スタッフ紹介をチェックしよう!

ホームページなどで社長や職人、営業担当者などをしっかりと紹介している会社は、施工品質とサービスに自信がある場合が多く、所在をはっきりさせているために安心して依頼できます。しかし、社長やスタッフの詳細が公開していないような業者だと、何か問題が生じた際に所在がはっきりしないケースがあります。そういったリスクのある業者には依頼しないことが賢明だといえるでしょう。


Point.5

▶塗料による塗装回数(工程)を守る!

外壁塗装の塗り回数は下塗り、中塗り、上塗りの回など、塗料ごとに適正回数が定められています。この回数を減らすと適正な塗膜の厚みが得られず、耐久性が下がります。反対に回塗りを打ち出している業者も存在しますが、塗料ごとに定められた適正量を守っておらず、ただ多く塗ればいいというわけではありません。塗膜の厚みがかわってしまうため、後に弊害が生じる可能性があります。塗装は、基本に忠実で丁寧な作業を進めていくことが大切なので、業者の塗装回数のチェックは怠らないようにしましょう。