雨筋ストッパー・伝え水防止水切り

雨筋対処方法

faq4

窓の両サイドから雨筋の染みだれを見たことはありませんか?

美観だけでなく、外壁に雨水の浸水や割れ・腐食・凍害などが発生する可能性があります。そこで、意外と簡単に取り付けできる対処方法をお教えします。

インターネットで検索していただければ直ぐに手に入れることができます。

 

faq5

取り付けは、ビス1本か2本で止めるタイプがあります。又、色・サイズも種類が有りますので外壁の色に近い物をお勧めいたします。

取り付けされましたなら、本体と外壁設置面の右・左・上部面のしっかりとしたコーキングを行って下さい。その時はクリアーコーキングをお勧めいたします。

取り付けるだけで美観も外壁の傷みも軽減できると思われます。

マックラップがこの雨筋対処方法をサイトに載せるきっかけは お客様から問い合わせが有り載せる事に致しました。

 

お問い合わせ内容は 「外壁塗装を施工したのですけど、窓下の雨筋汚れが目立って嫌だから汚れが目立たない外壁塗装の見積もりを取りたい」

と言われた事がきっかけで雨筋対処方法を掲載しました。お客様に聞くと外壁塗装を施工したのは 3年前 まだまだ外壁には防水能力があると我々、マックラップのスタッフが判断して雨筋ストッパーを紹介しました。

お住まいはご自分の工夫、心がけで綺麗に保つ事が出来ます。

見積もりを取り、お金をかける事が必ず良いとは限りません。

 

我々、外壁塗装のマックラップに相談してもらえたら、スタッフは外壁塗装の知識を持っていますので最善の提案が出来ます。外壁塗装、住宅塗装は家を建て何回も行う事ではありません。

せっかく外壁塗装を施工したのでしたら、雨筋ストッパーのような道具を使いご自分のお住まいを綺麗にした方が気持ち良いでしょう。