住宅塗装 外壁塗装で保険が使えるのか?

住宅塗り替え(外壁、屋根)で保険が使えるの?

サザエさん2 

「住宅塗装・外壁塗装で火災保険が使える(適用)って

知り合いに聞いたのだけど本当ですか?」

 

正直、外壁塗装館にこの問い合わせが一番多いのです。

皆さんそれだけ関心があるということですよね!

まず、その答えは保険会社によって 若干違うということです。

そして火災保険の種類、条件によっても異なります。

                                                   保険                   

・住宅総合保険に入っていること

・加入している火災保険が風災を保険適応範囲であること

・保険会社の調査員に風災として認定されること

 

難しいそうに感じますが、住宅塗装は費用が掛かりますので

保険に申請する価値はあります。

少しでも良い塗料で外壁塗装、住宅塗装をしたいと考える人は当然多いと思います。

しかし外壁塗装、住宅塗装の価格が高いため、塗装ランクを落として

外壁塗装、住宅塗装を施工する人がいるのも事実です。

もし保険が適応されれば、耐久力の良い塗装でご自宅を塗り替えできるかもしれません。

 

どういう時に保険が適応されるの?

 

 

では、「どういう時に保険が適応されるのか?」

答えは(火災・落雷・爆発・風評)などが一般的ですね。

他に(水害 水ぬれ 飛来 落下)といった被害がありますが、

これらの被害は住宅総合保険でないと難しいかもしれません。

このような 「どういう時に保険は適応されるのか?」という問い合わせも

外壁塗装館には多くあります。

お客様が住宅塗装・外壁塗装を考える時は、マイホームを建ててから年数が経っている事が殆どです。

住宅の塗り替えや外壁塗装をするだけでは、保険適用は難しいと思います。

しかし、マイホームを建ててから10年以上経っている家だと、塗り替えだけでは

済まない箇所があることは多いですよね。(地域によってちがいます)

台風や風の強い日に飛んできた物が外壁にぶつかり、外壁が「へこんだ」や「割れた」この様なことが

10年以上建つ家では無いとは言えません。

又、道路そばの住宅が振動でベランダに「ひびが入った」、屋根コロニアル部分が「割れてしまった」など

上記事例時の様な自然災害系の被害の時に保険が適応される時があります。

直す場所によって保険が適応されない時もありますが、適応される時もあります!

 

適応される事が多い箇所と致しましては

 

・外壁のひび割れ

・コーキングのひび割れ

・コロニアル屋根のひび割れ

・板金の浮き

 

 

保険記事 外壁_R  保険記事 コーキング_R  保険記事 浮き_R 

 

  

※これら上記の事は、被害状況や保険調査員の判断にもよります。

 

他に、外壁や屋根の色あせなども例にありますが、色あせは「ほぼ無理」と思った方が良いでしょう。

 

保険申請するためには、誰に頼めばいいのか?

 

最後に「誰に頼めばいいのか?」についてです。

まずは外壁塗装の見積もり時に、塗装業者さんに「保険適応になる様な箇所はありますか?」と

聞いた方が良いでしょう。塗装業者さん達の中には経験豊富な人達が多くいます。

ご自分で、「この箇所は保険適応されるだろう」や「ここは保険で直そう」などと考えないでください。

外壁塗装の見積もりを塗装業者さんに頼んだ時に必ず聞く事をお薦めします。

外壁塗装館 加盟店の塗装業者さん達の中にも、経験豊富な塗装業者さん達が沢山います!

2~3社から話を聞くと、お客様の保険に関する疑問も分かると思います。

是非、ご利用ください。