外壁塗装工事を始める前に確認しておくお家の周りにあるもの

外壁塗装をする場合には、様々な下準備が必要になり、普段と違ったことに注意を向けなければなりません。

では、外壁塗装をする時の下準備にはどのようなものがあるでしょうか?

お客様が一番に考えられる事は、外壁塗装の塗料により、住宅の周りや庭が汚れないかどうかだと思います。

マックラップでもよく、お客様から聞かれます。

住宅の周りに何もなければ問題ありませんが、必ずと言っていいほど外壁の周りには障害物があります。

どんなものがあるか挙げてみます。

 

おじいちゃん 

 

 

外壁塗装工事前に確認しておくと良いもの

 

 

1 自転車

2 室外にいるペット、ペットの小屋

3 室外機や給湯器

4 植木や盆栽、生垣

5 芝生や玉石

6 ウッドデッキ

 

挙げると他にもいろいろ出てくるかもしれません。

 

今回は一般家庭でよく目にするこの1~6を「外壁塗装工事中どうしたらいいのか」について

Q&A方式でご説明していきますね!

 

 

Q1 外壁塗装工事前に移動しておくと良いものはなに?

 

 

f52ffc55e1cfb7dde8c49916710414c6_s 

 

 

 外壁のそばに置いている自転車やペットを飼っているお宅の庭にあるペットの小屋などは、できれば外壁塗装工事前に
移動させておいて下さい。やはり、自転車やペットの小屋などは外壁塗装工事中に作業の邪魔になってしまいます。
また、塗料が付いてしまう場合があるので移動させておいた方が良いです。

塗装業者さんによっては、自転車やペットの小屋などでちょっと色が剥げてしまった部分があれば、
お話してみると塗ってくれるなんていうエピソードを聞いたことがあります。
もし、そのような時は塗装業者さんにお話してみるのもいいかもしれないですね。

 

 

 

Q2 外壁塗装工事中の室外犬はどうしたらいい?

 

 

3b9db6777c8dbe57d61a95518987a767_s

 

 

A 現在は、ペットブームもあり3世帯に1世帯はペットを飼っていると言われています。室内で飼われていれば問題ないのですが、室外で飼われている場合は外壁塗装工事中だけお家の中にいれて頂くか、預かってもらうなどした方が良いです。

ペットも急に知らない人たちがきて、お家の周りを動き回られてはビックリしてゆっくりお昼寝できませんよね。
中には、何日か過ぎて塗装業者さんたちにも慣れて大人しくしてくれるワンちゃんもいます。
そのようなワンちゃんは、お外にいても構いません。

 

 

 

Q3 室外機や給湯器のような動かせないものはどうしたらいいの?

 

 

da94bc3310bbedc3f27ab4d090709a2b_s

 

 

A 室外機や給湯器のような動かせないものは、そのままにしておいてください。
塗装業者さんによってやり方が違いますが、きちんと汚れないようにカバーをしてくれます。安心してください。
しかし、カバーをしている状態で室外機や給湯器を使用すると、壊れてしまう恐れがあるので、カバー中は室外機や給湯器を使用する事ができなくなってしまいます。ですが、いつもカバーをしていなければならない訳ではありません。

室外機や給湯器を使用したい時は職人さんに確認すれば使用できますので安心して下さい。

 

 

 

Q4 植木や盆栽、生垣などはそうすればいいの?       

 

 

66f30bf9fa4c84a37dfac04881b84b64_s      生垣_R

 

 

A 移動させることができる盆栽は移動させてください。

塗装業者さん達が移動させる事もできるのですが、慣れないものを移動させる事になるので落として壊してしまうといった
トラブルがあると、お互い気持ちよく外壁塗装工事ができなくなってしまいます。そうならない為にも、お客様自身で移動させておいて下さいね。しかし、すべての盆栽が移動できるわけではありませんよね。

植木や生垣に至ってはそもそも「よいしょ、よいしょ」と移動することはできませんので、
そのままにしておいて大丈夫です。

移動させることができないものに関しては、塗料が付かない様にきちんとカバーしますので安心して下さい。

 

 

 

Q5 庭の芝生や玉石などはどうすればいいの?

 

 

ffdd9751556f87b94eb7ecca652461be_s      砂利_R

 

 

A 芝生や玉石などもお客様の方で退かす訳にはいきませんので、そのままにしておいてください。

芝生に関しては、少し伸びてしまっている場合はお客様によっては「後で刈るからカバーをせずに、そのままにしておいて大丈夫」という方もいます。逆に、キレイに刈ったばかりの芝生には他のものと同様にビニールなどで保護します。
玉石なども同じです。
ですが、芝生や玉石などはその上を移動する際、ビニールがあるため、少し歩きづらくなると思いますので注意して下さい。

 

 

 

Q6 ウッドデッキにもカバーをするの?

 

 

2fc6ea482fe67951a374694d65203141_s

 

 

A ウッドデッキの場合は塗装をするかしないかで変わりますが、お客様はなにもしなくて大丈夫です。

ウッドデッキを塗装する場合は、塗料が多少とんでも後から塗装して見えなくなりますので、シートカバーはしない事の方が多いです。木目をいかしている塗料をウットデッキに使用している場合はもちろんシートカバーをしますので安心して下さい。オイルステンやキシラデコールのような塗料の上に外壁塗料が飛び散ったら嫌ですよね!

ウッドデッキを塗装しない場合も、もちろんシートカバーをしますので、安心して下さい。

 

 

以上、「外壁塗装を始める前に確認しておくお家の周りにあるもの」
についてでした。

 

お客様自身で外壁塗装工事が始まる前に、お家の周りをよく確認してみて下さい。

そして、シートカバーをしてほしいという場所は事前に頭に入れておき、塗装業者さんにちゃんとお伝えする事が大切です。

 

 

どんな事でも構いませんので、気になる事やご相談などがあれば

いつでもマックラップ館へお問い合わせ下さい。