外壁塗装の費用

外壁塗装、住宅塗装にかかる費用は、決して安い金額ではないですね。

しかし、お家の外壁や屋根などが汚れてしまっていては、せっかくのお住まいが残念です。
予め、みなさんが外壁塗装、住宅塗装にどのくらいの費用が必要なのか
また、どんな事で費用に差が出てしまうのかを知っておく事で、
いざ外壁塗装工事、住宅塗装工事を施工するとなった時に困らずにいられるのではないでしょうか。

 

 

外壁塗装の費用について

 おじいちゃん

外壁塗装の費用は塗装をする面積、使用する塗料、依頼する塗装業者によっても大きく変わってしまいます。
当然使用する塗料の機能、耐久性が良いと 費用は高くつきますし、塗装する平方メートル(面積)が大きいと値段は高くなります。
では、なぜ塗装業者によって外壁塗装の費用が変わってしまうのかという点ですが、様々な理由があります。

1 外壁塗装をする際の人件費

2 塗装業者毎の利益率の違い

 

1の外壁塗装をする際の人件費は「足場の設置」「養生」「高圧洗浄」などを行う際、どれだけの人が関わるか、また、どれだけの時間が掛かるかによって大きく違ってきます。勿論、塗装業者によって違いますので、外壁塗装、住宅塗装の費用にも違いが出てきてしまう理由の一つになります。

2 塗装業者の利益率の違いでは、会社の方針の違いから塗装業者によって利益率が違ってしまうため、外壁塗装、住宅塗装の費用にも違いが出てしまう理由の一つになります。

 

大切なお住まいの外壁塗装の費用なので予算などがあるかと思いますが、
お客様自身、きちんと費用について調べて納得のいく外壁塗装にして頂きたいと思います。

 

 

外壁塗装の費用が高くなる理由はなに?

フネ

外壁塗装のお見積もり依頼をして費用がとても高いと感じた事はありませんか?

外壁塗装の費用は元々、安いものとは言えませんよね。 しかし、大体の相場というものはあります。
外壁塗装の費用があまりにも高いという場合には、なぜ高いのかを知る必要があります。
外壁塗装の費用が高くなってしまう理由には下記の事が挙げられます。

1 外壁補修箇所が多い

2 お客様が高い塗料を指定してしまっている

3 塗装業者が法外な値段で見積もりを出している

 

上記で挙げた3つの理由で外壁塗装の費用がグンと高くなってしまった場合もあります。
では、もう少し詳しく外壁塗装の費用が高くなってしまう理由1~3についてご説明していきます。

1 外壁補修箇所が多い

 

どうしても補修箇所が多いと塗装業者さんの手間がかかってしまいます。 普通2~3時間で終わる施工箇所だとしても、
その中に補修箇所があると2~3時間ではなく4~5時間かかる場合もあります。
塗装業者さんも日当で動いていますので、仕事の進み具合が悪い現場だとその分日数も延びるため
外壁塗装費用が高くなってしまいます。

例として「ヒビ割れ箇所が10か所以上ある」「シーリング箇所を全部打ち替えする」など補修箇所が多い場合があります。
外壁補修箇所が多い原因は立地条件、外壁材の性能など色々ありますが、築年数が進むにつれて多くなりますので気をつけましょう。

 

2 お客様が高い塗料を指定してしまっている

 

今はインターネットで簡単に塗料の情報を得ることができます。 しかし、気を付けなければいけない事が塗料の価格です。

最近ではご自分でインターネットを活用して良さそうな塗料を見つけ、その「良さそうな塗料」を使った場合だけの見積もり依頼をする方が増えています。しかし、そうした場合に問題なのが「良さそうな塗料」というだけで、
お客様が気づかないうちに価格が高い塗料を指定して見積もり依頼をしている可能性があります。

その指定した塗料以外でお客様のお家に合う塗料があったとしても、最初から「○○塗料」と指定して見積もり依頼をして
しまっては、他の塗料を使用した場合の費用を知る事ができないので比較する事もできず塗装費用が高くなってしまう原因に
繋がります。
必ずこの塗料を使わなければいけないという理由があれば別ですが、 高価な塗料一種類でのお見積もり依頼は避け塗料の種類別にお見積もりを何種類か出してもらうと外壁塗装費用を抑える事ができます。

 

3 塗装業者が法外な値段で見積もりを出している

 

ブラック企業

この塗装業界には、まだまだ法外な値段で契約を迫る悪徳業者がいます。

悪徳業者のセールストークは、「実績工事ですから」などと言ってくることが多いです。
しかし、「実績工事」の前にセールストークをつけて塗装費用を高く出してきます。
「耐久性の高い塗料を使った実績工事です」「オリジナル塗料で耐久性の高いものなので値段が高いです」など
この様にして塗料の値段を高くみせて法外な値段を出します。
全部の塗装業者がとは言いませんが、この様に法外な値段で契約を迫ってくる塗装業者もいますので気をつけましょう。 

外壁塗装の費用が高いと感じた場合は3つの理由をもう一度、見直してみましょう!
お客様のお家の外壁塗装費用がなぜ高くなってしまったのか分かるかもしれません。

 

 

外壁塗装の費用を抑えるためにどうしたらいい?

 

 cause2

 

外壁塗装の費用をできるだけ安く抑えたいと思うのは当たり前の事です。

しかし、経年の劣化により再塗装を行う必要がある箇所が多く、思っていた以上に費用が上がってしまう場合もあります。
では、外壁塗装の費用を抑えるためにお客様がするべき事とはどんな事があるでしょうか?

1 見積もりサイトを利用する

2 お客様自身で相見積もりをとる

3 お客様自身で塗料を調べ、使用する塗料を指定する

 

上記で挙げた3つの事をするだけで、高くなってしまった外壁塗装の費用をできるだけ抑える事ができます。
では、なぜ1~3の事が外壁塗装の費用を抑える事に繋がるのかをご説明します。

1 見積もりサイトを利用する

 

大切な家を良い状態で維持するためには外壁塗装や住宅塗装は必要なことです。
だからこそ、外壁塗装、住宅塗装を依頼する塗装業者を慎重に選ぶことは大切な事です。
家にとって大切な工事になりますが、その一方で費用が把握しにくいということもあります。
そこで見積もりサイトを利用し、何社かの塗装業者から同じ内容で見積もりを取ることが重要になります。
そうする事によって、自宅の工事にかかる費用の大体の相場を把握することができるので余計な費用がかかる心配がなくなり、結果的に外壁塗装の費用を抑える事に繋がるでしょう。

見積もりサイトを利用するメリットに至っては他にもあり、塗装のプロでない人が、塗装のプロを相手に幾つもの塗装業者と交渉をするというのはとても大変な事ですが、少しでもその手間と労力を軽減する事ができるのも見積もりサイトの魅力ではないでしょうか。

多くの中から自分に合った条件を探しだす事は、非常に重要なことです。
気がねなく利用できるので、外壁塗装を検討する際には見積もりサイトを利用する価値は充分にあります。

 

2 お客様ご自身で複数の塗装業者から見積もりを取る

 

お客様自身が塗装業者から複数の見積もり取る事は、見積もりサイトを利用する事に似ています。

「見積もりサイトが信用出来ない」「自分で塗装業者を選ばないと気が済まない」という 考え方を持つ人はご自身で複数から
見積もりを取った方が良いでしょう。品質を落とさず費用を少しでも節約したいと思うのは誰でも同じです。

外壁塗装の見積もりを一社だけに依頼すると一社の価格しか知る事ができませんよね。
ご自身で、インターネットや電話帳で調べて「ここの業者がいいかな」と思う塗装業者を2~3社見つけて、
見積もりを依頼する事で相場も分かりますし、選択数が増えます。

塗装業者が出す見積もりの価格はすべて違います。ご自身で複数の塗装業者から見積もりを取る事でご自宅の工事にかかる
費用が適正な金額なのかを知る事ができ、更にその中でも費用を抑えて自分に合った塗装業者を選ぶ事ができるでしょう。

 

3 お客様自身で塗料を調べ、使用する塗料を指定する

 

a2e4ff4624f047c58d68959a06b818ce_s

外壁塗装に関しては塗料を自分で選択することで、より安い塗料でなおかつ品質の良いものを選ぶ事ができます。
ご自分で塗料を調べて指定する事で、費用も抑えられますし、丈夫で長持ちする壁を選択することができます。

また、ご自分で選ぶ利点としては、費用をしっかりと抑えておくことができるので、余分な人件費の上乗せをさけることができます。他に、塗装業者が選定するような非常に安いものを使わなくてもすむという利点があります。
さらには、きっちりと指示することで、自分の好みの色に仕上げることができる点とより多くのデザインの中から選ぶことができるので、自分の好きな色に仕上げることができます。

これにより、より良いサービスを受けることができるようになるため、非常に大切なことだと解ると思います。
外壁塗装の費用を抑えるために上記の事をしっかり行い、少しでも費用を抑えてご自分に合った外壁塗装、住宅塗装をする様に心掛けましょう。

 

 

外壁塗装の費用を値引くコツは?

 

 サザエさん2

ここでは外壁塗装工事を塗装業者さんに値引いてもらうコツをご紹介したいと思います。
ちょっと裏話的な事になるかもしれませんね。

塗装業者さんに費用を値引くコツを利用して、極端な値引きを要求する事はトラブルの原因になる可能性がありますので
止めて下さいね。では、外壁塗装の費用を値引くコツをお教えします!

1 他の塗装業者と比べて話す

2 ご近所の方を紹介する

3 少しおまけで塗ってもらう(見積もり書に記載されている以外の部分を塗ってもらう)

 

上記で挙げた3つの事を試してみると、もしかしたら外壁塗装の費用を少しだけ値引く事に成功するかもしれません。
では、もう少し詳しくご説明していきますね。

 

1 他の塗装業者と比べて話す

 

みなさんの中で外壁塗装の見積もりを取ってみたけど、気に入った塗装業者は少し値段が高くてどうしよう…と悩んだ事が
ある方はいませんか?

こんな時には、その気に入った塗装業者に「他の塗装業者さんはこの値段で外壁塗装工事をすると書いてあったよ!
○○塗装さんも、この位にならない?」とご自分から言ってみる事も大事です。

ここで例を挙げたお客様が気に入った○○塗装さんは「多分、それは無理です。」と言うかもしれません。
それでも、お客様がご自分で言う価値は十分にあります。
なぜなら、○○塗装さんは「チラシの業者さんの値段は無理ですが、ここまでなら値段を引きます。」と言う可能性があるからです。(この時に大事なのは、○○塗装さんに頼むか悩んでいる事が、○○塗装さんに伝わっていなければなりません)

他の塗装業者さんと比べられる事によって、少しでもお客様の為にと値引いてくれる塗装業者さんもいます。
試してみる価値はあると思います。

 

2 ご近所の方を紹介する

 

塗装業者さんは、ご近所の紹介を本当に有り難いと思っています。

塗装工事を施工する際に塗装業者さん達は、「自社の看板」と「プライド」を持って 塗装工事を施工しています。
誰が見ても恥ずかしくない塗装工事を施工しているハズなので、お客様のご近所の方には自分達の仕事を見て欲しいものです。その塗装工事をお客様がご近所に営業するようなものです。
塗装業者さんも「約束ですよ」と言いながら、少し外壁塗装工事費用を値引いてくれるかもしれません。
ただし、嘘は絶対にダメです。
お客様の信用がなくなってしまいます。 この方法は本当にご近所に紹介できるお客様がいる時にだけできる方法です。
勿論、ご近所じゃなく知り合いを紹介してあげても大丈夫です。

 

3 少しおまけで塗ってもらう

(見積もり書に記載されている以外の部分を塗ってもらう)

 

d5bb99f75fe071b171ab7cbfed8c8195_s

外壁塗装の見積もりをとった方はわかると思いますが、 上記の部分以外は別途料金が発生しますと記載されている
「見積もり書」がほとんどだと思います。
しかし、見積もり書に無い項目で塗って欲しい所がありましたら、契約前に交渉してみる事は有効でしょう。
例としては、小さい車庫、外構など他にもいくつかあります。

この方法を使うとしたら、「おまけで塗ってくれるなら交渉した塗装業者さんに外壁塗装工事を依頼する」という気持ちが
大切です。 交渉はしたけれど全く頼む気が無い、これでは塗装業者さんに対して失礼にあたりますのでお気を付け下さいね。

以上が「外壁塗装の費用を値引くコツ」です。
最初にも言いましたが、極端な値引きを要求する事はトラブルの原因になる可能性がありますので、絶対にしないで下さい。 あくまでも、「少しだけでも安くなれば…」という気持ちでお願いします。

 

 

以上が、今回の「外壁塗装の費用について」でした。

 

マックラップからみなさまへ

 

外壁塗装の費用は決して安いものではありませんね。
だからこそ、お客様もたくさん悩まれるところだと思っておりますので、 今回ご紹介したお客様自身で出来る事を
少しでも参考にして頂ければ、マックラップのスタッフも嬉しいです。
マックラップでは費用に関する事は勿論、お客様がご不安に思っている事やご不明な点、 ご相談、ご質問など
たくさん受け付けています。 遠慮なくマックラップまでお問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。