外壁シーリング部分とは?

 

 

サザエさん2

 

 

 

外壁塗装を依頼した際に「シーリング工事」「コーキング工事」という言葉を聞いた事、もしくは見積書の項目で目にした事はありませんか?

 

外壁塗装のマックラップにも「シーリング工事とは、どんな工事ですか?」とお問い合わせがあります。

 

口頭では上手く伝えきれませんので、サイトを使ってマックラップがシーリング工事をご説明致します。

 

シーリング(コーキング)という部分は、外壁材で使われるサイディングボードの隙間や目地部分から雨水が入り込むのを防ぐためにペースト状の建築材料を埋め込んである部分の事をいいます。住宅の外壁にはいろいろな種類がありますが、最近ではサイディングと呼ばれる種類のオシャレな外壁材が人気であり、使用している住宅が増えています。 サイディングとは板状外壁材のことで従来の塗り壁とは違い、工場で生産された板材を一枚一枚張り合わせることで外壁を作っていきます。 比較的安価で色や種類が豊富なのが特徴です。 このサイディングボードとサイディングボードの間を埋めているゴム状のものがシーリング(コーキング)です。

 

 

 

 

 

シーリングの役割はなに?

 

 

 

IMG_1270-466x348_R

 

 

 

 

 

シーリングの主な役割は、住宅の内部に水が入るのを防ぐことです。サイディング以外の方法で作られた壁にもタイル目地や窓ガラスのサッシ周りなど、いろいろな部分を埋めるのに使われています。 シーリングが痛むと住宅の内部に水が入り込み、建物の躯体が痛むことに繋がってしまうので、実は重要な役割を果たしているといえます。一般的にシーリング部分は非常に傷みやすく、大抵の場合は外壁自体よりも早く傷んでしまう物なので、外壁塗装を行う際は塗装の前にシーリング部分のメンテナンスを行うのがいいでしょう。 メンテナンスをせずに上から塗料を乗せると、塗膜に隠れて傷みが分からなくなってしまいます。せっかく外壁塗装、住宅塗装をしてもシーリング部分が傷んだままでは、住宅自体をダメにしてしまうので注意しなくてはいけません。

 

 

 

 

 

シーリング工事の種類は?

 

 

 

IMG_1248-212x166 上益城郡益城町  N様邸-0172-300x225_R

 

 

 

シーリング工事には、既存部分をすべて撤去して新しいシーリング材を打つ「打ち替え工事」と既存部分の上からシーリング材を足して打つ「打ち増し工事」があります。「打ち替え工事」は築年数が経っている住宅や日当たりが良い住宅(南側の外壁)に多い工事です。 築年数が経っている住宅ではシーリングのゴムの弾力性が失われ、ひびが入っている場合が多い事、また、日当たりの良い住宅、特に南側の外壁は太陽の熱でシーリングがボロボロになっている事があるので打ち替え工事になります。「打ち増し工事」は築年数があまり経っていない住宅の外壁塗装工事やサッシ周りのシーリング部分に多い工事です。

 

築年数が5~6年といった浅い場合、シーリング部分が殆ど痛みのない住宅が多いので、打ち替え工事をして余計な費用をかけず、打ち増し工事で費用を抑えるといった工事になります。ご自宅のシーリング部分はどの様になっているか一度、確認してみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

シーリング工事の価格は?

 

 

 

bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_s_R 

 

 

 

シーリング工事の価格は施工する工事の種類(打ち替え、打ち増し)によって違います。参考価格になりますが、「シーリング打ち替え工事」で1メートル単価700円~1000円位です。 「シーリング打ち増し工事」で1メートル単価400円~700円位です。2つを比較すると「シーリング打ち替え工事」の方がやはり価格は高いです。2階建て30坪(建坪)の住宅で大体100メートル~150メートルが窓枠周りを抜いたシーリングの長さになります。

 

比較すると「打ち替え工事」で大体70,000円~140,000円位、「シーリング打ち増し工事」で大体40,000円~80,000円になります。 シーリングの長さが長い方が価格は高くなる事になります。外壁塗装の見積書項目の中で「シーリング打ち替え工事」、「シーリング打ち増し工事」のどちらに当てはまっているかを確認して工事価格を比較してみてください。(記載した価格帯は物件によって大きく異なる場合がございます)

 

 

 

 

 

見積書で確認してほしいこと

 

 

 

omitsumori_img

 

 

 

見積書で「シーリング打ち替え」、「シーリング打ち増し」という項目以外に「シーリング工事一式」と記入されたものがあります。 この見積書には注意が必要なので絶対に確認しましょう。 「シーリング工事一式」という見積書は塗装職人の現場判断に任せるような記入の仕方なので、悪い箇所には「シーリング打ち替え」、補修で済む箇所には「シーリング打ち増し」、手をつけなくても良い箇所には「シーリング工事をしない」という様に塗装職人の現場判断で決まります。外壁塗装の工事が始まらないとお客様がシーリング部分をどの様に直すのか分からないので注意しましょう。

 

他に「シーリング打ち替え」か「シーリング打ち増し」のどちらで見積書に記入されているかも忘れずに確認しましょう。

 

「シーリング打ち増し工事」は施工の工程が少なくなり、材料費も少なくなるのでトータルの費用が安く済む反面、
新しいシーリング材の下に劣化したものが残るため、性能面で劣る可能性が否定できません。

 

 

外壁塗装、住宅塗装をお考えの方は住宅を建てられてから10年以上経っていると思います。
マックラップでは多少費用が掛かってしまいますが、しっかりとした効果を出して頂きたいと思っていますので「シーリング打ち替え工事」をお勧めしています