見積書の付帯工事ってどこの部分?

おじいちゃん

皆様は住宅の「付帯塗装工事」にはどのような物があるか知っていますか? また、付帯工事として挙げられる塗装箇所がご自分の住宅のどの部分を指しているかわかりますか? 名前は聞いたことあるけど、実際どこの部分なのかわからないという方や見積書を見てなんの事なのかわからず不安になる方もいるかと思います。外壁塗装館では、そんなお客様に付帯工事で一般的に多く施工される箇所の名前と位置、そして塗装価格とその箇所に多い材質や役割を知って頂き、ご自分の目でも一度、確認してみる事をお勧めしています。

 

では、付帯工事というのはどこの事をいうのでしょうか。
住宅を塗装する上で、外壁と屋根以外にもたくさん塗装する箇所があります。
付帯工事とはこの外壁と屋根以外の部分を塗装する時に使われる工事名です。
見積書で付帯工事とかいてあれば、外壁と屋根以外で一般的に多く塗装されている箇所の塗装だと思って頂ければ大丈夫です。

見積書の付帯工事として主に挙げられる箇所はこちら(建物により異なる)

・軒天

・破風板 

・雨樋

・雨戸

・戸袋

・水切り

 

 


 

Q 軒天ってどの部分?

 

 外壁塗装の見積書で軒天という項目を目にすると思います。軒天がどの部分か分からないと困りますよね。

軒天とは外壁から外側に出ている屋根の下部分(軒裏部)の天井の事を言います。

 

軒天井

 


 

 

Q 破風板ってどの部分?

 

 破風板とは、屋根の垂木(屋根の野地板を張るためにある部材)を隠すために取り付ける板の事をいいます。 

屋根の先端部分に取り付けられていて分かりやすく言うと屋根の横の部分の事です。

 

破風板

 


 

Q 雨樋ってどの部分?

 

 雨樋とは、屋根の軒先から地面まで繋がって円型や角型で出来ている筒状の物です。

 

雨樋

 


 

Q 雨戸ってどの部分?

 

 雨戸とは、住宅外回りのガラス窓の外側に取り付けられている戸の事を言います。

 

雨戸

 


 

Q 戸袋ってどの部分?

 

 戸袋とは雨戸を収納するスペースのことです。

 

戸袋

 


 

Q 水切りってどの部分?

 

 水切りとは、外部回りの出ている箇所(土台や基礎)から雨水が土台や基礎に入らないようにある部分の事をいいます。

分かりやすく言うと住宅の基礎と外壁材の間にある部材です。

 

水切り

 


 

 

以上が今回の「見積書の付帯工事ってどこの部分?」についてでした。

 

見積項目の付帯工事の箇所をきちんと把握する事で、ご自分の目でもしっかり確認する事ができ、本当に塗装が必要な箇所なのか再度検討して無駄のない外壁塗装をして頂ければと思います。また、見積項目に上記で挙げた箇所が載っていなかった時は塗装業者さんに何故載っていないのかを確認してみましょう。

中には、まだ塗装をする必要がないとみられる事や塗装しても3、4年で剥がれてしまう材質の場合、塗装業者さん独自の判断で載せていない事もあります。 これは塗装業者さんによって考えが違うため、一概には言えませんのでご自身で確認してみましょう。

きちんと確認しておかなければ、後々のトラブルの原因になりかねません。 トラブルを防ぐためにもきちんと塗装業者さんに聞く事が大切です。