色で格式高く見せる外壁塗装

サザエさん

 

みなさんが住宅塗装、外壁塗装をする際、お家を何色で塗装しようか悩みますね。

マックラップをご利用されるお客様にも、よく色についてはご相談を受けます。

外壁や屋根の色1つでガラリとお家の印象が変わってしまうので、当然だと思います。

やはり、それぞれイメージする色やお家の雰囲気などがあると思いますので、沢山悩まれて決めます。

その中でも今回は、外壁塗装で家を格式高く見せる色にはどんな色があるかをご紹介します。

 

外壁塗装で家を格式高く見せる色は?

 

格式高い 和風       格式高い 洋風2

 

自分の家を格式高く見せたければ、外壁に気を配る必要があります。

素材からこだわった外壁を持つ家は重厚で存在感がありますが、工事などにかかる費用は当然上がってしまいます。

しかし、外壁塗装なら比較的安価で見る人に格式の高さを感じさせることができるのでお勧めです。

では、どんな色が「格式高く見せる色」なのかご紹介していきます。

 

 

レンガ色で格式高く見せる

 

レンガ色の外壁です。

このレンガ色には見るものに丁度良い重厚さを与えることで、どっしりとした印象を持ってもらいやすくなり、現在人気の塗装色といわれています。レンガ色といっても、比較的明るさには幅があるので選ぶときに注意が必要です。

外壁に用いる色なので、できるだけ原色に近いものは避けるようにして下さい。カタログで見た時はとても良く感じても、実際に塗装してみるとイメージと違ったということが結構あります。また、周囲の景観を乱してしまう可能性がありますので、全体をこの色で統一するのではなくワンポイントで用いるようにするのがお勧めです。そうすれば、カジュアルな雰囲気を残しつつ格式の高さを演出できるでしょう。

費用では複数の色でカラーリングするので、単色の塗装に比べては若干高価になりますが、
実際のレンガを使用する事に比べるとかなり抑えられるでしょう。

 

 

濃い焦げ茶色で格式高く見せる

 

濃い焦げ茶色の外壁もお勧めです。

暗めの濃い茶色はそのまま格式の高さにつながる場合が多いです。
真っ黒にしてしまうと周囲の雰囲気の中で浮いてしまいがちで、圧迫感を与えてしまう原因にもなりますが、濃い焦げ茶色であればその心配はありません。他に濃いお色なので外壁の汚れも目立ちにくいです。
ただし、色あせなどをしてくると非常に目立ちやすいので定期的に塗装のメンテナンスが必要になります。
定期的なメンテナンスをする事になるので、お家をキレイに保つことはできるでしょう。

 

 

薄いクリーム色で格式高く見せる

 

薄いクリーム色もとても人気があり、格式高いお家に演出してくれます。

薄いクリーム色は柔らかな雰囲気を周囲に与え、近隣の景観を大きく崩す心配がありません。同じ系統で白などがありますが、外壁を真っ白にしてしまうと汚れが目立つ事は勿論、太陽などの光を反射してしまいストレスになりやすいです。
その点、薄いクリーム色なら問題ないといえます。他に、薄い色には濃い色に比べて熱を吸収しにくい特徴があるので、
濃い色で外壁塗装をした場合に比べて室内の温度の上昇を抑えてくれるといえます。

 

以上、今回は「色で格式高く見せる外壁塗装」についてでした。

 

 

外壁塗装では外壁の色はとても重要であり、お家の印象を左右する大切な問題です。
予め、自宅近辺の住宅や本などを見てお客様のイメージする外壁のお色をピックアップしてまとめておく事が大切です。

外壁塗装館では、これからも色に関する質問が多いので随時更新していこうと思っています。
この記事をご覧になっているお客様の中でも紹介してほしい事などがあれば、どんどんお問い合わせ下さいね。
下記のお見積もりフォームからでもご意見、ご質問など受け付けておりますのでよろしくお願い致します。